Ken Okamoto
Ken Okamoto was born in Niigata in 1980. He lived in the Kansai region when he went to university. He began to take photographs in 2011. He wanted to try something fun when his project of work ended and he wasn’t busy at work. At that time, he remembered that city and river landscapes of Osaka is very interesting. He began to take photographs using his digital camera. He was enthralled by taking pictures of the attractive side of Osaka. He took a picture of various landscapes in Osaka, for example factory, road junction. He depicted the interaction of Osaka city and people by photographing Osaka’s streets. He publishes the photographs on the Web and SNS(Instagram) once a day. 
Ken will continue exploring the city in the future because there is so much beauty left to discover.
History of Photo:
   2016/11  Onaeba Kansai vol.19 Reviewer  Award Nomination (Yamaguchi Haruhisa)​​​​​​​
岡本健は1980年新潟に生まれ、大学進学を機に関西で生活している。彼が写真を撮りはじめたのは2011年で忙しかった仕事がひと段落した時に なにか面白いことに挑戦したいと思っていた。そんな時、会社帰りのバスから見る大阪の街/川の風景が特別で素敵なものに思えた事を思い起こし、 帰宅途中にデジタルカメラで撮影することを始める。大阪の魅力的な世界を写真に収めるという行為は彼を魅了し、工場、ジャンクションなど大阪の様々な風景をカメラに収めていく。そして、彼の関心領域は大阪の街と人が織りなす風景に出会い、大阪の街中での撮影をするようになる。 これらの撮影した作品は1作品1日から2日のペースで精力的にWEBサイトで発信している。彼はこれからも写真を通じて都市の魅力を発見するため、会社の前後、都市探索を続ける。
Back to Top